添加物についても考えよう

キャットフードは高タンパクで極力低脂質のものを選ぶのが基本と言われていますが、キャットフードは人間が作っている食べ物になるので他にも確認しておきたいポイントはたくさんあります。その中でも気になる点として上げられるのが添加物の有無です。最後にここでは添加物についての話をします。

キャットフード通販まず添加物と言うのは保存料や着色料など様々なものが存在しますが、例えば保存料の場合はキャットフードの賞味期限を延ばすために作られている添加物です。確かに長持ちした方が長く使えるのでいいですが、添加物によって体を悪くしてしまっては意味がありません。中には添加物が多く含まれるものもあるので、愛猫の健康を考えるならなるべく無添加のキャットフードを選ぶといいでしょう。

では無添加だとどのようなメリットがあるのかですが、無添加の場合は病気のリスクも下げることができますし、アレルギーなどを引き起こす猫も減ります。実際に添加物でアレルギーを引き起こす猫もいます。こういった症状をなくすことが可能になるので、できる限り無添加のキャットフードを選ぶべきだと言われています。

このように、高タンパクかどうかを調べるのも重要ですが、添加物の有無も重要なので愛猫の健康を考えるならよく考えてキャットフードを選びましょう。

Pocket

タンパク質の割合が多いキャットフードについて

キャットフードを与える猫にはタンパク質を多く含んだキャットフードを選ぶといいと言われていますが、そもそも高タンパクなキャットフードとは何かよくわからない方も多いでしょう。ここでは高タンパクなキャットフードを選びたいという方のためにも高タンパクと言われるキャットフードの基準について紹介します。

まずタンパク質を含むキャットフードは約20%から50%と幅広い数字が存在しています。全てが高タンパクなのかと言うと実はそうではありません。高タンパクと言われる基準は平均して約40%以上が必要だとされています。そのため、それ以下のキャットフードは高タンパクとは言えません。それなら数字が高いキャットフードを中心に選べばいいと思っている方もいますが、例えば高齢猫の場合は50%を超えるタンパク質などでは少し高すぎると言われています。成長期なら問題はありませんが、それぞれ年齢に応じてタンパク質の数字は考えた方がいいでしょう。

また、キャットフードはタンパク質だけを見て選ぶのもよくありません。例えばタンパク質が高くても中には脂質が多く含まれるものもあります。脂質が多いと太りやすくなるので、基本は低脂質でタンパク質が含んだキャットフードを選ぶといいです。

Pocket

猫に必要な栄養素をキャットフードから摂ろう

猫に良い餌を猫と一緒に生活を始めようと思っている人の中には、キャットフードについて悩む方もいますが、種類も多く何を選んだらいいか悩むのが当然です。かといって、妥協して選んでも愛猫が健康的な生活を送れません。キャットフード選びは重要ですが、その前に猫にはどんな栄養素が必要なのかを理解しておきましょう。

まずそもそも猫はどんな動物かを知ることが重要です。キャットフードの中には穀物類を多く含むものもあるので草食系かと思う人もいますが、エネルギーの源となっているのは肉です。そのため猫は肉食動物だということが分かります。そもそも肉食動物だと知らない人は把握しておくだけでもキャットフード選びに役立ちます。

では次に猫にとってどんな栄養素が必要なのかについて説明しますが、まず必要なのがタンパク質です。猫の爪や皮膚、筋肉などはタンパク質で作られています。タンパク質を多く摂ると良くないのではないかと思う飼い主もいますが、人間と違い猫はタンパク質を中心とした食事で健康的に育つことができます。

また、ビタミンやミネラルも必要です。ビタミンは代謝を助ける働きをしますし、ミネラルは骨を強化するのに役立つ栄養素です。一部分ですが最低限知りたい栄養素になるので、必要な栄養素からどんなキャットフードが必要かを考えるといいでしょう。

このサイトではタンパク質について考えたキャットフードの選び方や添加物のキャットフードの選択についても紹介します。

Pocket