タンパク質の割合が多いキャットフードについて

キャットフードを与える猫にはタンパク質を多く含んだキャットフードを選ぶといいと言われていますが、そもそも高タンパクなキャットフードとは何かよくわからない方も多いでしょう。ここでは高タンパクなキャットフードを選びたいという方のためにも高タンパクと言われるキャットフードの基準について紹介します。

まずタンパク質を含むキャットフードは約20%から50%と幅広い数字が存在しています。全てが高タンパクなのかと言うと実はそうではありません。高タンパクと言われる基準は平均して約40%以上が必要だとされています。そのため、それ以下のキャットフードは高タンパクとは言えません。それなら数字が高いキャットフードを中心に選べばいいと思っている方もいますが、例えば高齢猫の場合は50%を超えるタンパク質などでは少し高すぎると言われています。成長期なら問題はありませんが、それぞれ年齢に応じてタンパク質の数字は考えた方がいいでしょう。

また、キャットフードはタンパク質だけを見て選ぶのもよくありません。例えばタンパク質が高くても中には脂質が多く含まれるものもあります。脂質が多いと太りやすくなるので、基本は低脂質でタンパク質が含んだキャットフードを選ぶといいです。

Pocket